主要なヨーロッパ諸国が英国のグリーンリストに追加されました

主要なヨーロッパ諸国が英国のグリーンリストに追加されました
さらに7つのヨーロッパ諸国からの検疫なしの旅行が可能

オーストリア, ドイツ, スロベニア, スロバキア, ラトビア, ルーマニアとノルウェーはすべて、海外旅行用の信号機システムに対する政府の最新の更新でグリーンリストに追加されました.

の夕方の発表で 4 8月, 運輸省 (DfT) 7か国すべてが「英国の公衆衛生へのリスクが低いことを実証した」ことを確認した.

この移転は、これらの目的地からのすべての到着者が英国への入国時に検疫を回避できることを意味します, 予防接種の状況に関係なく.

代わりに, 到着後2日以内に1回のCovidPCR検査を受ける必要があります, 英国への出発前に負の横方向の流れを提示することに加えて.

変更は、日曜日の午前4時にイギリスで有効になります。 8 8月.

同じ変更が他の権限委譲国によって採用されるかどうかはまだ確認されていません, しかし以前は、スコットランドとウェールズは英国の信号機リストへの変更を反映していました.

運輸長官のグラント・シャップスは最新のアップデートについて語った: 「私たちは安全に海外旅行を開くことに取り組んでいます, 成功した予防接種プログラムを通じて得た利益を活用する, 家族をつなぐ手助け, 世界中の友人や企業。」

「私たちは引き続き注意を払う必要がありますが, 今日の変更により、世界中のさまざまな休暇の目的地が再開されます, これは、セクターと旅行者の両方にとって朗報です。」

緑から琥珀色に降格された国はありません.

完全なグリーンリストは現在、 36 目的地, 16 そのうちのグリーンウォッチリストにあります, 緑から琥珀色に変わるリスクがあることを意味します.

他の場所, インド, バーレーン, カタールとアラブ首長国連邦は旅行者への歓迎のニュースで赤から琥珀色にアップグレードされました, ジョージアは, メキシコ, LaReunionとMayotteがレッドリストに追加されました.

予想通り, フランスは「琥珀色のプラス」の地位を失った, つまり、そこから到着する旅行者は、完全にワクチン接種されていれば検疫する必要はありません。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です