Netflixが新しいブリトニースピアーズのドキュメンタリーの爆発的な予告編をドロップ

Netflixが新しいブリトニースピアーズのドキュメンタリーの爆発的な予告編をドロップ
The new documentary arrives later this month

Netflix has released a first trailer for its forthcoming Britney Spears documentary ブリトニー vs Spears.

The start of the trailer features an audio clip of Spears saying, “I just want my life back” while one interviewee adds soon after: “Britney had a fear her family would barge in and take everything.”

クリップで, filmmakers show leaked documents about her controversial 成年後見制度. One interviewee says: “I’m not going to acknowledge that I was ever brought in to evaluate Britney Spears.”

The clip features a voiceover which says, “No one would talk – until they did”, with snippets of the leaked documents shown on screen.

You can see the full trailer here:

An official synopsis of the new film says: 「世界はブリトニースピアーズを知っています: パフォーマー, アーティスト, アイコン. しかし、ここ数年で, 彼女の名前は公に別のものに結び付けられています, もっと不思議な言葉: 成年後見制度. ブリトニーvsスピアーズ tells the explosive story of Britney’s life and her public and private search for freedom.

“Featuring years-long investigative work, exclusive interviews and new documents, この Netflix feature film paints a thorough portrait of the pop star’s trajectory from girl next door to a woman trapped by fame and family and her own legal status. It shows Britney’s life without utilising the traumatic images that have previously defined her.”

ブリトニーvsスピアーズ エリン・リー・カー監督で、約1年間制作されています. The film follows Hulu’s ブリトニースピアーズのフレーミング 2月にリリースされました. Hulu’s documentary largely focused on the #FreeBritney movement but also brought the singer’s legal situation to prominent media attention.

のリリースの余波で ブリトニースピアーズのフレーミング, 「有毒な」歌手は、ソーシャルメディアで、そして成年後見制度を終わらせるためにキャンペーンを行ってきたファンから、溢れんばかりのサポートを受けました。.

Netflixの映画は以前に制作されていました ブリトニースピアーズのフレーミング 解放された.

カー, who is the daughter of noted journalist David Carr, 以前のドキュメンタリーで司法制度をカバーしました, 化学者の麻薬スキャンダルを修正する方法 そして 愛してます, 今死ぬ: The Commonwealth vs Michelle Carter.

ブリトニー対スピアーズ is on Netflix from 28 9月.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です