オクラホマ州知事は、土壇場での決定でジュリアスジョーンズの死刑執行を停止します

オクラホマ州知事は、土壇場での決定でジュリアスジョーンズの死刑執行を停止します
ジョーンズは代わりに仮釈放の可能性なしで終身刑を取得します

100年前, インクルード 1921 タルサ人種虐殺 オクラホマで発生しました, 米国史上最悪の人種差別的暴力行為の1つ, 白いリンチの暴徒がタルサの繁栄したセクションを襲ったとき ブラックウォールストリート 300人もの人を殺しました. 100年後, 州知事は、刑事司法活動家が州内の別の「私刑」をマークすると述べた執行を停止しました.

11月の恩赦聴聞会でのジュリアス・ジョーンズ.

木曜日に, オクラホマ州知事ケビン・スティットはジュリアス・ジョーンズの処刑を中止した, 長い間彼の無実を維持してきた黒人の死刑囚 1999 彼をバーの後ろに置いた殺人. 発表は、ジョーンズが薬殺刑で死亡するようになる数時間前に行われました。.

「この事件のあらゆる側面から提示された資料を祈りながら検討し、検討した後, 私は、仮釈放の可能性なしに、ジュリアス・ジョーンズの判決を終身刑に通すことを決意しました。,」スティット知事は声明の中で述べた.

ジョーンズ家, 大規模な「JusticeforJulius」運動の支持者, 彼らがニュースを知ったとき、マカレスターの町のオクラホマ州立刑務所にいました, ジュリアスを解放するための20年のキャンペーンの集大成.

「私は軽く感じます, 平和に. それは終わっていません,」アントワネット, ジュリアスの妹, 言った 独立者. 「これはまだ始まったばかりです. ファイト, 押します。」

ジュリアスジョーンズの支持者がオクラホマで祝う

彼女の母親のマデリーンが発表を聞いたとき、彼女は言った, 彼女は神を賛美しました.

「彼女は今日リンチを見たくありませんでした,」アントワネットは言った, 追加する, 「この国のすべての人々に感謝したい. 罪のない黒人の命を救うには、私たち全員が必要です。」

刑務所とオクラホマ州議会議事堂の外で歓声が沸き起こった, 同じように, デモ隊が集会を開いていた場所, スティット知事に処刑をやめるよう説得しようとしている.

分裂した国

ジョーンズは死刑を宣告された 1999 オクラホマシティ郊外でのビジネスマンポールハウエルの殺害, 地域社会に衝撃を与え、ハウエル氏の妹と2人の若い娘を傷つけました, 殺害を間近で目撃した人. 事件は最終的に人種に関する全国的な議論の中心となった, 死刑, 刑事司法制度における公平性.

ジュリアス運動の正義の支持者は キム・カーダシアン 欧州連合へ. 彼らはジョーンズが彼の名前をクリアする公正な機会を得たことは一度もないと主張している, 彼らが倫理的に疑わしい警察の捜査として見たもののために, 不十分な法的代理人, 十分に文書化された州の刑事司法制度 バイアス 黒人男性に対して, 特に死刑に関しては.

「私たちはジョージフロイドの時代に生きているので、人々は気にする必要があります,」ジュリアスの活動家CeceDavis-Jonesの正義 言った 独立者. 「私たちはその男に何が起こったのかを恐怖で見ました, システムがジョージフロイドの首にどのようにひざまずいたか. これで、システムの膝が別の男性の首にかかっていることがわかりました。」

ミネアポリスのジョージフロイドスクエアの壁画

ハウエル家, また、現在および以前のオクラホマ州法執行官の数, ジョーンズは正当に有罪判決を受けたと長い間主張してきました, すでに彼の無実を証明する十分な機会がありました, 20年にわたるレビュープロセスで, 13 別の裁判官, と州での手続き, 連邦政府, および米国最高裁判所レベル. 彼らの見解では, ジョーンズは人種差別主義者システムのもう一つの犠牲者ではありません, むしろ、恐ろしい犯罪を隠蔽するために有名人や一般大衆の同情を利用した男.

「スティット知事が難しい決断をしたことはわかっています。,ハウエル家は木曜日の声明で言った. 「私たちは、彼の決定がジュリアスジョーンズの有罪を確認し、彼が申請する資格がないことを確信しています。, またはのために考慮されます, 通勤, 許し, または彼の残りの人生の仮釈放。」

「ジュリアス・ジョーンズは私たちの生活を永遠に変えました,」と彼らは付け加えた.

ポールハウエルの殺害

オン 28 7月, 1999, ポールハウエル, 45歳の保険会社の幹部, 夜は学用品の買い物をしたり、若い娘たちとアイスクリームを買ったりしました。, 裕福な人に戻る前に, エドモンドの白いオクラホマシティ郊外. 彼らがハウエル氏の実家に引っ張ったとき, 仮面の男たちのグループが近づいた, ポールを頭の中で撃ち、彼のSUVを盗む.

ミーガン・トビー, ポールハウエルの妹, 殺害の唯一の目撃者でした, 射手は赤いバンダナを持った若い黒人だと言った, 頭蓋骨のキャップの下から数インチの髪が出てきた人.

ジュリアスジョーンズ, から 41 年, 死刑囚監房に 20 何年もの間、彼が犯さなかったと彼が言う殺人の訴えを使い果たしました.

殺害の状況—裕福な町で成功した白人男性を殺害したと非難された都会の黒人の若者のペア, 「タフ・オン・クライム」時代の最盛期に— パニックを起こす エドモンドのオクラホマシティ郊外で、間違いなく人種差別的な雰囲気があります. 当局は殺害から数日以内に死刑を求めていた, 調査が終了するかなり前に.

「この背後にあるメッセージは, あなたはオクラホマシティを離れてエドモンドに行くのが正しかった,」ジョン・トンプソン, 高校でジュリアス・ジョーンズを教えた人, 言った 独立者. 「見て, 最高のものでさえ, 犯罪を犯すことができます。」

子供の頃のジュリアス・ジョーンズ, 彼のサッカーのユニフォームを着ている間彼の妹とポーズをとる.

警察は最終的にジョーンズを選び出しました, 当時19歳の大学生, 引き金を引いた者として. 彼らは、ジョーンズが盗まれたSUVを運転し、殺人を自白しているのを見たと言った目撃者に基づいて結論を出しました。, ジョーンズの家で赤いバンダナに包まれた殺人兵器を発見した警察の捜査, 後にジョーンズのDNAが含まれていることが示されました. ジョーンズはまた、ポール・ハウエルが殺される1週間以内に起こった武装したカージャックに対して有罪を認めた。.

しかし、事件は単純ではありませんでした.

ジュリアス・ジョーンズの裁判

裁判で, 資本事件に不慣れな2人の公選弁護人がジョーンズを代表した, 彼に代わって証人を呼ぶことを拒否し、彼自身の弁護で証言しないように彼に助言する, 彼の家族は殺人が起こったときに彼が家にいると誓ったにもかかわらず. これは事実上彼を次の沈黙に委ねた 20 法廷で物語の彼の側を共有することができずに何年も 今年の11月の恩赦聴聞会での彼の証言の前に.

(デビッドマッケンジー, ジョーンズの元の裁判弁護士, 何年にもわたって、彼はより強力な防御を行うことができたと言っています, しかし最近、ジョーンズ家のアリバイは「完全に偽物だ」と主張した。, NS, さまざまな理由で実行できなかったでしょう。」彼 ニュースに語った 9 「私は両親がスタンドに立ち上がって嘘をつかないようにする必要があった」ので、彼はそれらをスタンドに置くことを断った。)

陪審員, その間, 伝えられるところによると、そのうちの1人はn-wordを使用してジョーンズに言及しました, 州の主要な目撃者のうち2人が、盗難車と麻薬取引に関連するオクラホマ警察の犯罪情報提供者として知られているとは言われませんでした。, 彼らの協力の利益を期待していた人.

ジュリアスジョーンズは、 1999 オクラホマシティ郊外でのポールハウエルの殺害, 彼が犯さなかったと彼が言う犯罪.

オクラホマの最も重要な証拠, しかしながら, から来た クリスジョーダン. ジョーンズの知人, ジョーダンは検察官と取引を行い、 30 死刑ではなく懲役年, 彼が殺人の共犯者であったことを訴える. ジョーダンはジョーンズがポールハウエルを殺した人だと言った, そして彼に告白しました, 彼はそれを否定します.

ヨルダン, しかしながら, 印象に残る証人とはほど遠い. 彼にインタビューした探偵は彼が 不安定—銃弾を聞いたかどうかなどの重要な事実について矛盾している, ハウエル氏が殺されるのを見た, または殺人兵器に触れた. 殺害直後, ジョーダンはジョーンズの家で初めて寝るように頼んだ. ジョーンズ家は、ジョーダンがジュリアスの寝室に殺人兵器を植えたのはその時だったと主張している, 彼はそれを否定します.

より深いレベルで, 場合によっては、これらの実質的な質問があっても、, オクラホマのシステムは正しい結果を出すことができませんでした. ポールハウエルの殺害は、オクラホマ郡地区の弁護士ロバート「カウボーイ」メイシーの在任中に発生しました, 自称ワイルドウェスト検察官 最も攻撃的な5人のユーザーの1人 当時の国の死刑の. 彼は殺害から数日以内にジュリアス・ジョーンズの死刑を要求した.

オクラホマ郡地区弁護士ロバート「カウボーイ」メイシー, ジュリアス・ジョーンズに対する死刑を求めたのは誰ですか, 彼は、在職中に死刑を最も多用した5人のユーザーの1人であり、頻繁に虐待していました。.

これが標準に反したわけではありません: オクラホマは全体として ほとんどの処刑 現代の米国の歴史における一人当たり, 持っている ほぼ最高の黒人投獄率 国で, と 不均衡なエラー率 黒人の死刑囚を不当に有罪にすることになると. オクラホマで, 白人男性を殺害した罪で起訴された人々は、非白人男性を殺害したとして告発された人々よりも死刑を科される可能性がほぼ3倍高い, オクラホマ州の死刑審査委員会が発見.

すべて言った, ジョーンズの弁護士は、執行を停止すると述べた, 事件に関するこれらすべての疑問を考えると, 国家が「取り返しのつかない過ち」を犯すことを防いだ。

「スティット知事は、オクラホマが無実の男を処刑しないことを保証することにより、刑事司法制度に対する国民の信頼を回復することに向けて、今日重要な一歩を踏み出しました。,」と木曜日の声明で国選弁護人アマンダベースは言った.

エドモンド警察は、人種差別主義者としての彼らの仕事のこの枠組みを押し戻し、不完全でした, ジョーンズも彼の家族も、有罪判決に至るまでの数年間、警察に協力して彼らの話を共有することを選択しなかったことに注意してください. 彼らはメディアとジュリアス支持者のための正義が郊外を「日没の町,」黒人を暴力で脅かすことが知られている白人コミュニティの婉曲表現.

「エドモンドの市民はおびえていました, 2人の若い黒人男性が最終的に事件に関係したからではありません, しかし、この犯罪の完全なランダム性と衝撃的で不必要な性質のために,」エドモンド警察署長JDヤンガー スティット知事に手紙を書いた 10月中. 「人種は関係ありませんでした。」

ジョーンズはで有罪判決を受けた 2002 そして死刑を宣告された, そして何年も無駄に彼の事件に挑戦しようとして過ごしました, ジョーダン氏が刑務所での殺人を自白するのを聞いたと言って複数の男性が前に出てきたときでさえ, 彼はそれを否定します. 殺人からほぼ20年後, しかしながら, ジョーンズの死刑判決を覆すためのフラグを立てる努力は、新しい命を吹き込みました.

成長する動き

ジュリアス・ジョーンズの訴訟は、非常に論争の的となった法的手続きを超えた. それは世論の法廷で勝つための前例のない戦いを表した, 双方がソーシャルメディア時代のすべてのツールを使用してサポートを構築している. 彼らは競合するオンライン運動を開始しました, ポールハウエルの正義対ジュリアスの正義, サポートするウェブサイトで, ソーシャルメディアページ, ポッドキャスト, 選ばれた専門家や目撃者からの好意的なインタビュー.

ジュリアスジョーンズの名前は忘れられているかもしれません, 広く見られていなかったら 2018 ABCの犯罪ドキュメンタリーシリーズと呼ばれる 最後の防衛, produced by actor Viola Davis, which helped galvanize the Justice for Julius movement. The campaign now includes a surprisingly diverse range of high-profile supporters, including activist-minded liberal celebrities like Kim Kardashian and NBA star Steph Curry, as well as former Trump administration officials like Mercedes Schlapp そして Republican Oklahoma lawmakers. It even reached diplomats at the Inter-American Commission on Human Rights and the EU, which both threw their weight behind calls to stop the execution.

In the era of Black Lives Matter, Julius Jones’s case became a key test of how much public sentiment, and political influence, really had been moved by years of activism and scholarship showing the extent of systemic racism in the criminal justice system. 最終的には, in one case in Oklahoma, it was enough to save a man’s life.

This fall, the Oklahoma Pardon and Parole Board おすすめされた that Julius Jone be taken off death row and given a chance at parole, citing doubts about his case. It was the first time the board had done so in state history.

An agonising wait

それでも, despite the historic ruling from the parole board, hope seemed to finally be running out for Julius this week.

“I’m empty inside. I feel invisible,」マデリーンデイビスジョーンズ, ジュリアスの母親, と言った 水曜日, as the Jones family headed into its final visit with Julius in McAlester before the scheduled execution.

Jabee Williams, a friend of the Jones family and Justice for Julius activist, said he began to worry by Tuesday, when the governor still hadn’t made a decision on the execution, weeks after the parole board’s 1 November recommendation. 実際には, he believes the governor wasn’t planning on stopping the execution at all, but eventually changed his mind after seeing the round-the-clock protests, public calls to action, そして student walkouts that have surrounded the case in recent months. The governor’s office reportedly got 10,000 phone calls on Tuesday alone, temporarily crashing the phone system.

“I don’t think he planned on making that announcement,ウィリアムズ氏は言った. “I think that because of the people of Oklahoma, because of the community support, because we showed our love for Julius Jones—Oklahoma wants Julius Jones alive. He had no choice but to do what he did.”

Even the governor’s own attorney general, John O’Connor, was vehemently against stopping the execution, saying he was “100 per cent certain” Jones was guilty earlier this week.

「私は証拠を3回確認しました, すべての展示を見た, 私の心には疑いの余地はありません,” the attorney general told KOCO 火曜日に.

But it seemed, 後 20 years of sustained community activism for Julius Jones, that the governor started to have just enough doubts in his. Not enough, しかしながら, to set Julius free. まったく逆.

What happens to Julius Jones now?

The official order halting the execution stipulates that Jones “shall never again be eligible to apply for, 考慮される, または追加の整流を受け取ります, 許し, or parole.” In other words, his death sentence is now a life sentence.

しかしながら, death penalty experts like capital punishment activist Sister Helen Prejean say Jones will still be able to seek exoneration through the court system, そもそも彼が誤って有罪判決を受けたことを証明できれば.

“While Julius Jones’s death sentence was commuted to life without parole on condition that he can never again apply for a pardon or commutation, これは、ジュリアスが州裁判所または連邦裁判所で法的な免罪を追求することを妨げるものではありません。,” she wrote on Twitter on Thursday.

なので 独立者 報告しました, numerous people on death row have been wrongly convicted and later exonerated, though it would be a tough climb for Jones to prove his alleged innocence after so many years.

More immediately, the governor’s decision will also likely mean Jones is moved off of the state’s death row, home to some of its most restrictive prison conditions, and allowed to rejoin the general prison population.

そこ, he’ll be able to touch his family during visitation for the first time in two decades, supporters say.“He hasn’t touched his mom in over 22 年. 彼は妹を抱きしめていません. “That’s terrifying, ええと?” said Mr Williams, the Justice for Julius activist. “You can’t put that into words, a mother not being able to touch her child.”

The next major battle over the Oklahoma death penalty

その間, the controversy over the death penalty in Oklahoma isn’t going anywhere.

10月中, インクルード state executed John Marion Grant, its first execution in six years 一連の失敗した殺害の後 inspired a lengthy moratorium. Though officials insisted they strengthened their safety protocols, Grant writhed on the execution table and vomited before going unconscious, and execution observers have said the state’s policy amounts to “torture and human experimentation.」

This undated photo provided by the Oklahoma Department of Corrections shows John Marion Grant.

A number of Oklahoma inmates have challenged the state’s lethal injection process as unconstitutionally cruel, but the conservative-leaning US Supreme Court has intervened to allow executions to go forward against some of the men anyway, despite a forthcoming federal trial on the question in February of next year.

水曜日に, as Governor Stitt mulled Julius Jones’s execution, the Oklahoma Pardon and Parole Board recommended for the second time in its history that a death row inmate be granted clemency. Unlike with Julius Jones, the board said they didn’t have questions about Bigler Jobe Stouffer II’s guilt in a 1985 撮影, but rather they had questions about the Oklahoma death penalty system as a whole.

Oklahoma’s execution chamber

Board member Larry Morris said he was “dumbfounded” executions had resumed, despite the ongoing lawsuit and the apparent suffering John Grant experienced in the death chamber.

“It has to do with the drug cocktail, and whether or not it works, and whether or not it exposes an inmate to cruel and unusual punishment,” Mr Morris said of his decision.

Whatever a court ultimately decides, the Julius Jones case helped convince thousands of people around the world to question that underlying fairness of the Oklahoma death penalty in the first place, a feat nearly as unprecedented as bringing a man back from the brink of execution.

独立した非営利団体 正義のための責任あるビジネスイニシアチブ (RIJ) 米国で死刑の廃止を求める共同キャンペーンを開始しました. RBIJは以上を引き付けています 150 死刑に反対するビジネスリーダー宣言の有名な署名者 – リストの最新のものとしてインディペンデントと. アリアナハフィントンのような著名な幹部に加わります, Facebookのシェリルサンドバーグ, ヴァージングループの創設者であるリチャードブランソン卿は、このイニシアチブの一環として、私たちの報道で死刑の不正を強調することを約束しています。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です