過去の10代のスターは、エマ・ラドゥカヌへの期待を和らげることを教えてくれます

過去の10代のスターは、エマ・ラドゥカヌへの期待を和らげることを教えてくれます
女性のゲームにおける最近の10代の感覚は、スターダムへと駆り立てられた形を再発見するのに苦労しています。

ニューヨークで栄光を勝ち取る最後のティーンエイジャーを見つけるために、全米オープンの歴史書の多くのページを元に戻す必要はありません。. 19歳 ビアンカ・アンドレースク で女子シングルスのタイトルを獲得 2019 そして彼女の栄光は同様の地震感をもたらしました エマ・ラドゥカヌ今週の成功, 大西洋のこちら側で震えがそれほど鋭く感じられなかったとしても. カナダのストレートセットは、23回のグランドスラムチャンピオンに勝ちます セリーナウィリアムズ 警備員の交代のようでした, 女子テニスの新しい女王候補の戴冠式のようなトロフィーのプレゼンテーション.

アンドレースクとラドゥカヌの比較は深遠です–どちらもカナダで生まれました, どちらもルーマニアの親子関係を持っています, そして、どちらも彼らの驚異的な才能を彼らの育成における努力と犠牲のテーマに帰しています。したがって、2年前の彼女自身の特別な夜からのアンドレースクの旅は、私たちの期待の重みでラドゥカヌを育てる前に始めるのに便利な場所です。.

支配的なジュニアプレーヤーであった, アンドレースクは、全米オープンで優勝したとき、ほとんどのティーンエイジャーよりも多くの誇大宣伝をすでに獲得していました. その後に続いたのは、苛立たしい怪我の年であり、ランキングが下がった。; その後、コロナウイルスの発作, 全仏オープンとウィンブルドンでの最初のラウンドの出口と彼女の最初のコーチとエージェントとのスプリット; 彼女はエージェントのマックス・アイスベンバードとコーチのスヴェン・グレネフェルドを中心としたまったく新しいチームを任命しました, どちらも別の10代のスターと一緒に働いた経験があります, マリアシャラポワ. アンドレースクの再起動はまだ進行中であり、この全米オープンでの第4ラウンドの終了は、彼女が2年前のそれらの旋風の形を取り戻すにはまだ道のりがあることを示しました.

アンドレースクはただ 21 しかし、すでに彼女のキャリアの第2章にあります. それは彼女が失敗したということではありません–それから遠く離れています, 彼女は世界のトップに戻ってきました 10 彼女の名前に3つのタイトルがあります. しかし、おそらくラドゥカヌのほとんど理解できない栄光にほこりが落ち着くとき, アンドレースクの挑戦は、より現実的な絵を組み立てるのに役立つかもしれません, ラドゥカヌは非常に競争の激しい環境に入っており、ほとんどのプレーヤーにとって、試合に負けることの低さは、トロフィーを持ち上げることの高さよりもはるかに一般的な経験です。.

足の重さのように感じる圧力 200 キロ

エレナ・オスタペンコ

イガ・シフィオン ポーランドの19歳が勝った後のもう一つの価値のある比較です 2020 セットを落とさずに全仏オープン. スウィアテックの豊かな才能とカリスマ性の組み合わせは、彼女を消費した彼女の故郷で国民の騒ぎを引き起こしました; それ以来、彼女は6つのグランドスラムで準々決勝に到達したのは1つだけです。, そして彼女の全仏オープンへの復帰は、パリの粘土を支配していたプレーヤーからは認識できないエラーの急増で動けなくなった 12 数ヶ月前.

しかし、おそらく最も明らかなのは、ラトビアのエレナオスタペンコの経験です, 全仏オープンでの夢の実行の開始時にちょうど10代だった人 2017, 旋回 20 2日後にトロフィーを上げる前に準決勝に勝った日. オスタペンコのサーブは崩壊しました 2019 彼女が最初のラウンドで3つの連続したスラムからノックアウトされたとき, そして彼女はまだ彼女の回復を計画しています. 彼女は3年以上メジャーの第3ラウンドを通過していません.

今 24, オスタクペンコは若いテニスプレーヤーとしての突然のスターダムの現実を率直に振り返る. 「私の人生はすべて変わりました,」 ラトビア人は最近、全仏オープンで優勝したと述べました. 「家に帰ると、飛行機の窓からレッドカーペットが見えました。, 乗組員に「飛行機にとどまることができますか??」私はとてもプレッシャーを感じたので. 空港でみんな待っていた, 私のファンたち, もちろん素晴らしかったです, でも私は自分がしたことをすぐには理解しませんでした, こんなに大きなトーナメントで優勝した. プレッシャーに対処するのに少し時間がかかりました。」

彼女が全仏オープンフィールドをスライスした容易さは、シフトするのが難しい重さに置き換えられました. 「圧力はあなたの足の重さのように感じます 200 キロ… あなたの手は遅くなります. あなたと対戦したすべてのプレイヤーがあなたを倒したかったので、それは非常に困難でした. [若い成功] それはあなたが勝つことができることを知る動機を与えるので良いです, でも準備ができていないので悪いです. 何の期待もせずに来ました, 私も種をまきませんでした, それから私はもっと人気が出始めました, もっと注意, 全体として、それは非常に大きなプレッシャーでした。」

オスタペンコは期待の重みを感じた

Her first return to Paris was “very sad” as she exited in the first round in front of a packed Court Philippe-Chatrier. “When you are favourite people just expect you to win.”

All of which is not to ignore Raducanu’s obvious talent or doubt she can achieve spectacular things in the coming years. She is the 15th teenage Grand Slam winner in the women’s modern era, and a handful of those went on to dominate the sport: the great Evone Goolagong in the early 70s, Chris Evert in the late 70s and early 80s, Monica Seles and Steffi Graf in the 90s, and Serena Williams for much of the 21st century. This might be Raducanu, the next dominant force in the game.

She may do it all again at the Australian Open in a few months’ time, or at Wimbledon next summer when the nation’s gaze will be at its most intense. But history suggests it is more realistic that she may not win another Slam for some time, and that she will have to travel through adversity and come out the other side before she lifts another major trophy. If and when that time comes, it will mark a different kind of success to this maiden victory, showcasing her ability to come again in an era of women’s tennis more open than ever, when almost anyone in the draw can win a tournament, something that presented a window of opportunity for Raducanu in New York but which will now become a challenge to overcome as she returns to court as a prized scalp.

Amid congratulatory messages from the Queen and headlines predicting Raducanu to be Britain’s “first billion-dollar sport star”, now is a good moment for a dose of perspective. Her win came in a vacuum of experienced opponents without facing a top-10 player, not that one would have necessarily beaten her in such unstoppable form. The oft-quoted facts about sitting her A-Level exams only a few months ago have been used to indicate her meteoric rise, but they might equally serve the purpose of keeping Raducanu’s nascent career in context. It is a win that should be cherished without the burden of expectation for whatever comes next.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です