航空会社」タグアーカイブ

アメリカン航空は、12 歳の同伴者のいない未成年者を間違った州に誤って送りました

アメリカン航空は、12 歳の同伴者のいない未成年者を間違った州に誤って送りました
ヤングスターはコロンバスに飛ばされた, オハイオ, ジョージアの同名の都市の代わりに

アメリカン航空 12 歳の少年を母親に会いに行った後、誤って一人で間違った州に飛ばしてしまった.

ダニエル・パットンは、彼の息子が航空会社によって ダラスコロンバス, オハイオ, ジョージア州の同名の都市コロンバスに帰るのではなく.

パットン氏は、空港に到着して息子の姿がどこにもないことに気づいたとき、航空会社の重大な過ちに気付いたと言います。.

「最初は彼がどこにいるのかわかりませんでした. それは絶対的な悪夢でした," 彼が言った インサイダー.

「彼がオハイオ州にいることを知り、航空会社に電話して、彼がオハイオ州に送られた理由を尋ねました。. それが私が買ったチケットだと彼らは私に言った、そして私は言った、「あなたはそれがコロンバスのためだとは言わなかった」, ジョージア」

その後、若者はテキサスに戻り、正しいフライトに乗せられるまでさらに 5 時間待たなければなりませんでした。, 合計 12 旅行の時間.

「間違いは起こりますが、彼らがボールを落としたとき、特に予約時に親から代理店と責任を取り除いた場合、それは大したことです。,」パットン氏は言った.

「アメリカン航空を二度と利用したり、彼らが無能だからといって信頼したりするつもりはありません。」

パットン氏は、間違いが起こったと言います, 彼は電話でフライトを予約し、それが正しいコロンバスであることを確認するようエージェントに繰り返し伝え、正しいチケットを持っていることを確認したにもかかわらず、, 追加料金がかかる $150 同伴者のいない未成年者の場合.

「彼らはあなたにお金を請求しますが、子供の世話はしません," 彼が追加した.

パットン氏は、アメリカン航空が謝罪し、フライトの費用を返金したと言います.

独立者 アメリカン航空にコメントを求めた.