ボウズコワ」タグアーカイブ

大坂なおみがマリー・ボウズコバの全米オープン第1ラウンドで楽に

大坂なおみがマリー・ボウズコバの全米オープン第1ラウンドで楽に
デュアルフラッシングメドウズチャンピオンは、2番目のセットをクルージングする前に最初のセットで動作するように作られました.

ディフェンディングチャンピオン 大坂なおみ マリー・ボウズコバにストレートセットで勝利し、全米オープンキャンペーンをスムーズに開始しました。.

3番目のシードは、全仏オープンからの撤退とウィンブルドンのスキップの決定から激動の年だった時期に、試合がないことへの懸念を和らげました。.

彼女はオープニングセットのために一生懸命働かされました, で3つのブレークポイントを節約 1-1 最終的にゲームでそれをクリンチするために休憩を強制する前に 10.

でも大阪, で2度のチャンピオン ニューヨーク 登録するために2番目のセットですぐに競争しました 6-4 6-1 勝利.

「みんなの前でもう一度プレイするのはちょっとクレイジーだ」,」彼女はその後法廷で言った.

「去年は人がいなかったので、とても寂しかったです。. ここのエネルギーは比類のないです.

「私はこのコートでたくさんの試合をしました, おそらく私のキャリアの中で最も多く、私は間違いなくここで快適に感じています。」

アリナ・サバレンカ, ベラルーシからの2番目のシード, セルビアのニーナ・ストヤノビッチを乗り越えるには3セット必要でした.

サバレンカ, 最近、ランキングで大阪を追い抜いた人, タイブレークで2番目のセットを落としましたが、通過しました 6-4 6-7 (4) 6-0.

シモナハレプと ガルビネ・ムグルザ 2度のグランドスラムチャンピオンのペア, 2セットの勝利との戦いで厳しい引き分けを経験しました.

ハレプはモントリオールチャンピオンを阻止した カミラ・ジョルジ 6-4, 7-6 (3). ルーマニア語, 昨年の密室イベントに出場しなかった人, 全仏オープンを逃した, ウィンブルドンとふくらはぎの負傷を伴うオリンピック.

「私にとっては、スタンドに人がいて、常に全米オープンの騒音が聞こえるのは普通のことでした。,」ハレプは言った.

「私はそれが好きになり始めました. 私はこれらのものを受け入れ始めます. 私は法廷で楽しんだ, ルーマニア語でも英語でも叫んでいる人が好きでした。」

ムグルザ, 9番目のシード, トリッキーなオープニングラウンドも通過しました, と前進する 7-6 (4) 7-6 (5) ドナ・ヴェキッチに勝利.

スローンスティーブンスは2時間と 10 マディソンキーズを追い抜くのに数分 6-3 1-6 7-6 (7) での彼女の勝利の再戦で 2017 最後の.

スティーブンスは別のアメリカ人に直面します, ティーンエイジャー ココガウフ ポーランドのマグダリネッテを倒すためにセットから来た人.

元チャンピオンのアンゲリク・ケルバーが敗北の瀬戸際から跳ね返り、ダイアナ・ヤストレムスカを破った 3-6 6-4 7-6 (3), そして第5シードのエリナ・スビトリナがレベッカ・マリーノを沈めた 6-2 6-3.