コテージ」タグアーカイブ

ハリーとメーガンのフロッグモアコテージの支払いは家賃をカバーしました

ハリーとメーガンのフロッグモアコテージの支払いは家賃をカバーしました
ハリーとメーガンは、最初の子供が生まれる前に住居に引っ越しました, アーチー

ハリー王子と メーガン・マークル 1年以上の価値を支払った 家賃 彼らの滞在のために フロッグモアコテージ, 王室のアカウントが明らかにした.

最新に公開された詳細 ソブリングラントレポート, これは、 王室, £240万を示す 支払い の公爵と公爵夫人によって作られました サセックス に 2020 ただ返済しただけではありません お金 彼らはに費やした 改修 フロッグモアコテージ.

宿泊施設の大規模な改修が行われました。, クラウンエステートに属する, ハリーとメーガンが入居する前に 2019.

償還を発表する前の声明で, カップルのスポークスマンは、貢献は「フロッグモアコテージの必要な改修費用を完全にカバーした」と述べました.

しかしながら, レポートは、支払いが何年にもわたって家賃もカバーしたことを示しています 2020-2021 そして 2021-2022. 物件のカップルのリースは3月に期限切れになる予定です 2022.

報告書は、240万ポンドの数字のどれだけが家賃の支払いで構成されているかについて概説していませんでした. バッキンガム宮殿からの正体不明の情報源は以前に語った ロイター 家賃は「商業料金」に設定されていた.

A spokesperson for the Sussexes said: “The duke made a substantial contribution to the Sovereign Grant last year to support necessary and existing refurbishments to Frogmore Cottage, which specifically included essential structural updates to the building.

“As part of this agreement, all tenant obligations are being met. The duke and duchess continue to operate with no money being drawn from the UK taxpayer,」と彼らは付け加えた.

Harry and Meghan faced significant backlash after they announced their decision to step down as senior members of the royal family, with critics arguing that the money they used for renovations of Frogmore Cottage should be paid back.

当時の, the TaxPayers’ Alliance, which campaigns for a “low-tax society”, 前記 「SussexesがFrogmoreCottageの改修に使用した資金を公共の財布に戻すというニュースを歓迎します」.

「王族は彼らの義務に従って公的資金を与えられます. ハリーとメーガンがそれらの義務を没収し、民間人として海外に住むことを選択したことを考えると, 彼らが今自分たちで費用を賄おうとしているのは正しいことです,」グループは言った.

ソブリングラントの年次報告書はまた、君主制が納税者に87.5百万ポンドの費用をかけたことを示した 2020-2021, 前年比18.1百万ポンドの増加.

この増加のほとんどは、資産の維持に起因していました, これは1120万ポンド増加して4950万ポンドになりました. バッキンガム宮殿は現在、10年間の改修プロジェクトを受けています, 合計で3億6900万ポンドの費用がかかると予想されています.

サインアップして ライフスタイル編集 すべての最新ニュースと機能について.