監督」タグアーカイブ

Ofgemの取締役がエネルギー価格の上限引き上げを辞任

Ofgemの取締役がエネルギー価格の上限引き上げを辞任
クリスティーン・ファーニッシュは、法案に数百ポンドを追加するという決定を「支持できなかった」

アン Ofgem ディレクターはエネルギーレギュレーターを辞めました, 彼女は、家計に数百ポンドを追加するというその決定を「支持できなかった」と述べた.

Christine Farnish は、エネルギー監視機関は「消費者の利益と供給者の利益の間で適切なバランスをとっていなかった」と述べた。.

彼女の辞任は、家族や企業が急増するコストに直面する中、政府がエネルギー市場の規制について「運転を怠っている」という非難につながった.

Ofgem は、世界的なエネルギー危機の際に家族を保護するために十分な対策を講じていないとして、ここ数か月で批判に直面しています。.

ファーニッシュさん, Ofgemの取締役を数年間務めた, 言った タイムズ: 「この冬、消費者の請求書から追加のサプライヤー費用を回収するという重要な決定を支持できなかったため、私はオフジェムの取締役を辞任しました。」

彼女は、この動きが「今後数か月で多くのサプライヤーをサポートするために、全員の請求書に数百ポンドを追加する」と考えています。.

彼女の辞任は、サプライヤが高エネルギーの「後戻り」コストの一部を遅かれ早かれ回収できるように、上限価格の方法論を変更するという Ofgem の決定に関連していると理解されています。.

英国の平均的な家庭の光熱費 ヒットする予定です 卸売ガス価格が急騰するため、1月には壊滅的な年間4,266ポンド.

業界の専門家は、危機の間に方法論を変更するという Ofgem の決定を「賢明ではない」と呼んでいます。.

Ofgemの広報担当者は、次のように述べています。: 「オフジェムに長年献身的に奉仕してくれたクリスティーンに感謝します。.

「この前例のないエネルギー危機により、, Ofgem は、慎重にバランスのとれたトレードオフが常に検討されている中で、信じられないほど難しい決定を下さなければなりません。. しかし、私たちは常に消費者のニーズを短期的にも長期的にも優先します.

「取締役会の残りのメンバーは、エネルギーコストの回復期間を短縮することが、サプライヤーが破綻するという非常に現実的なリスクを減らすことにより、長期的に消費者にとって最善の利益になると判断しました。, そうすれば、請求書にさらに多くの費用がかかり、すでに非常に困難な時期に不必要な心配と懸念が増えることになります。」

ファーニッシュ氏の辞任は、急激なインフレとエネルギー料金の上昇に対処するための追加措置を政府に求める圧力が高まる中で行われた.

この問題は、ボリス・ジョンソン首相の後任をめぐる競争に影を落としている, Liz Truss と Rishi Sunak の両方が、困難な家庭を支援する計画について繰り返し迫られていました。.

エドミリバンド, 影の気候変動長官, ファーニッシュ氏の辞任は、政府が「ハンドルを握って眠っている」ことを示していると述べた.

"にとって 12 年, 保守党はエネルギー市場の規制に完全に失敗した. 他のどの国にもありません 32 エネルギー供給業者が倒産.

「イギリス国民がこれ以上の請求額の増加に苦しむことを許すことはできません。. 保守党がこの危機に対して何の解決策も示さないのは耐えがたい, 労働党の計画に反対します。」

ビジネス部門のスポークスマン, エネルギー & 産業戦略は言った: 「私たちは、Ofgem の取締役会の辞任を認識しています。, 受け入れられたこと。」