住んでいました」タグアーカイブ

Fearless Jimmy Greaves lived for the power and beauty of goals

Fearless Jimmy Greaves lived for the power and beauty of goals
Greaves understood that the most entertaining thing in football is a goal; the emotional rush it sends through the crowd underlines that truism, and he fed off the moment when the net bulged

There were lots of things said about ジミー・グリーブス. Some claimed he was lazy. Others suggested that he was a “natural” goalscorer, as if you could be born with that exceptional talent. There were even people who criticised the striker, saying “all he did was score goals”.

All he did was score goals. Let that sink in. It is the game’s primary skill and some were prepared to use it as criticism of Greaves – or at the very least as a backhanded compliment.

There was an element of truth in the assertion. The east Londoner was a stripped-down predator. Everything he did had one purpose – to put the ball in the net. He was quick, particularly over short distances, but why waste energy on anything else when it could be used to score? Greaves idled, 確かに, but it was not laziness: his engine was always turning over, waiting for that moment, that opportunity, when he could slip into gear and accelerate away from defenders. He was like a lion relaxing in the sun, watching the herd of impala pass by, refusing to move until he spotted a weak or sickly animal.

Greaves could, and often did, beat a rival but not with stepovers or feints. スピード, directness and a quick brain gave him the advantage. Ball-juggling was anathema to his one-track mind. The entire point of his kind of striker is kicking the ball into the net. 劇をリンクするために立ち寄ると、グリーブは危険地帯から離れていただろう。, 重要な唯一の場所. 彼はサッカーで最も面白いことは目標であることを理解していました; the emotional rush it sends through the crowd underlines that truism. 彼はネットが膨らんだ瞬間を食べました. 彼はそれのために生きました. ゴールマウススクランブルで速くなった人は誰もいなかったし、彼は「醜い」ゴールの王様だった. グリーブはすべての目標が美しいことを理解しました.

彼の統計は気が遠くなるようなものです. 彼の目標– 466 に 661 チェルシーとの出演, ACミラン, トッテナム・ホットスパー, ウェストハムユナイテッドとイングランド–別の時代に得点された. スーパークラブの時代は1960年代には遠い道のりでした. 質の高い選手はクラブ全体により広く分布していた, ルールはディフェンダーを支持した, ブルートフォースは攻撃者を阻止する最も一般的な方法であり、ピッチはしばしば恐ろしいものでした. グリーブスのようなプレイヤーが現代で繁栄できるかどうかについての非常識な質問は、間違った方法で組み立てられています. 今日のスーパースターは、時間内に送り返された場合、同じ影響を与える可能性があります? 唯一の確実性は、Greavesと彼の同時代の人々が移行をはるかに簡単に感じるだろうということです.

フィットネスが問題になる. グリーブスは彼のアルコールとの関係と彼の人生へのますます破壊的な影響について率直でした. に 1978, 彼の中毒のニュースが新聞にヒットしようとしたとき, 彼は愕然とした. その時点で彼は物語を支配することに決めました – と彼の人生 – そして、彼らから隠れるのではなく、彼の欠点を認めます.

のグリーブ 1967

公の場であなたの問題に立ち向かうことは、1970年代にはそれほど簡単ではありませんでした, 弱点を告白することが弱点と見なされたとき. 内省は依然として下品で甘美であると見なされていました. グリーブスはピッチの内外で恐れを知らず、不承認に直面して彼の人生を再構築しました.

サッカーとテレビは償還をもたらしました. 聖人とグリーブジー ITVの画期的なショーでした. 今年初めに亡くなったイアン・セント・ジョンとグリーブスは簡単な相性で、元リバプールのフォワードはグリーブスのいたずら好きなジョーカーにとってより成長したホイルでした。. 「彼は自然な」言説全体が新たに始まりましたが、サッカーのように, グリーブスはカメラの前で彼のスキルを磨くために一生懸命働いた. 彼は難しいことを簡単に見せるためのコツを持っていました: スコアリングも提示も見た目ほど単純ではありません.

愛想のいいペルソナは本物だった. それは鋭い心を偽装しました. 彼がサッカーについて話したとき, 彼が素晴らしいゴールスコアラーだった理由について少し理解することができました. 彼はゲームを知っていた, そのニュアンスとそのパターン. それが彼をゴール前でとても危険にした理由です.

彼は怠け者でしたか? 彼はディフェンダーを誤った安心感に落ち着かせ、彼らが眠りについたとき, 彼はいなくなった. 彼は自然でしたか? 番号, 彼は超自然的でした, 驚くべきペースのバーストが同様に驚くべきゲームインテリジェンスと出会うその空間に住む. 彼がした唯一のことを記録していました? 誰が他のことを気にかけているのか? グリーブはしませんでした, それが彼を素晴らしくした理由です.