ルール」タグアーカイブ

高等裁判所は、政府がルワンダの人権評価の一部を秘密にすることができるとの判決を下した

高等裁判所は、政府がルワンダの人権評価の一部を秘密にすることができるとの判決を下した
裁判官は、すでに公開されている虐待の疑いに関する資料を編集しようとする外務省の試みを拒否します

政府は、内部勧告の一部を保持することができます ルワンダの亡命制度と申し立て 人権 秘密を乱用する, インクルード 高等裁判所 統治した.

外務省が編集を申請 10 プリティ・パテルの送付契約の一部として作成された、ルワンダ当局による拷問と殺害の報告に対処する評価からの抜粋 亡命希望者 国へ.

ポリシーに関する進行中の法的異議申し立てのために文書が要求された後, 同省は、秘密は「公共の利益」にあると主張した。, 主に (しかし、排他的ではありません) ルワンダ政府と」.

外務省は、開示からの「公益免除」を申請しました, これは、裁判所が競合する利益と潜在的な損害のバランスをとる必要がある.

裁判官は 6 つの抜粋の要求を拒否しました, 特定の単語と 1 つの文を保存する, 残りの4つの抽出物にそれを付与しました.

書面による判決では, ルイス判事は、政府が編集しようとした資料の一部は「すでにパブリック ドメイン」にあり、これ以上害を及ぼすことはできないと述べました。.

グラハム・スチュアート外務大臣からの書簡は、抽出物の内容を共有することは、「地域の安全保障を含むさまざまな問題における英国の貴重な戦略的パートナーとしてのルワンダの地位に照らして、国家安全保障に害を及ぼすだろう」と主張した。, ウクライナを支援し、不法移民に関与する犯罪集団の活動と闘うための強力な連合の維持」.

ルイス裁判官はこの議論について裁定を下さなかったが、「ルワンダと英国との関係の混乱がいずれかの国のウクライナへのアプローチに影響を与えることはすぐには明らかではない」と述べた。.

裁判官は、各抽出物について、外務省が保留したかったと述べた, 彼は、「友好国との国際関係を損なわないことへの強い公共の関心」を考慮した, 「この訴訟における関連情報へのアクセスを確保することの公益」, 資料の「証拠的重要性」と、それがすでにパブリック ドメインにあるかどうか.

「政策が合法であるかどうかを検討するために、裁判所が可能な限り完全な情報にアクセスできるようにすることにも、強い公共の関心があります。," 彼が追加した.

係争中の資料は、電子メールと、ルワンダに関する内務省の「国別政策と情報に関するメモ」の草案を検討するよう求められた公務員による書面によるコメントに含まれています。.

ドキュメント, 5月に公開された, 国の亡命制度と関連する人権問題の評価が含まれていました.

ルワンダは安全な国であることがわかりました, しかし、7 月の別の公聴会では、ルワンダ政府自体に草案が送られ、見直しが行われ、編集が求められた.

<p>プリティ・パテル内務大臣とルワンダのビンセント・ビルタ大臣, 「世界初」の移住および経済開発パートナーシップにp印 (フローラ・トンプソン/PA)</p>

プリティ・パテル内務大臣とルワンダのビンセント・ビルタ大臣, 「世界初」の移住および経済開発パートナーシップに調印 (フローラ・トンプソン/PA)

クリストファー・ナイト, 8人の亡命希望者を代表する法廷弁護士, PCSユニオン, 拘留行動と Care4Calais, 他の原告および 3 つの報道機関とともに、外務省の秘密保持入札に反対した。.

書面による提出では, 法廷弁護士は、内務省はすでに「ルワンダ政府について政府が進めた批判的見解に対処する重要な一連の証拠」を提供したと述べた。.

水曜日の公聴会で, 名前のない外務省職員によって書かれた文書の 1 つから引用された法廷弁護士, 拷問や「殺害さえも」詳細に書かれていると誰が言ったのか.

7月に高等裁判所の公聴会に提出された別の文書によると、ルワンダは「当初、人権を理由に提案された移民政策の潜在的なパートナー国の候補リストから除外されていた」。.

駐ルワンダ英国高等弁務官は、ルワンダは「計画された移民政策の選択肢として追求されるべきではない」と述べた。 2021.

The reasons given included that it “has been accused of recruiting refugees to conduct armed operations in neighbouring countries”, has a “poor human rights record regardless of the conventions it has signed up to” and has been criticised by the UK for extrajudicial killings, deaths in custody, enforced disappearances, torture and crackdowns on anyone critical of the regime.

Claimants who argue the policy is unlawful revealed numerous memos had been flying around the Foreign Office over the agreement, with many raising concerns about Rwanda’s human rights record and “concerns over violations for political opposition or those who oppose president Paul Kagame”.

Further advice against any agreement with Rwanda was issued by officials in the Foreign Office, を含む 20 五月 2021 memo saying it “continue[d] to advise No10 against engagement” and suggesting that it does not have a “functioning asylum system in compliance with Refugee Convention obligations”.

Six days later, an internal email indicated that the then-foreign secretary Dominic Raab had said the test should be “whether, with financial support, the host country could get up to European Convention of Human Rights standards”.

Rwandan government officials have denied human rights abuses, telling a press conference last month that documents revealed by the High Court case were based on “incorrect information”.

A full judicial review of the policy will start on 5 September and a final ruling on its legality is not expected until after a linked legal challenge is heard in October.