厳しい」タグアーカイブ

アイダホ州最高裁判所は中絶の厳格な禁止を阻止しない

アイダホ州最高裁判所は中絶の厳格な禁止を阻止しない
アイダホ州最高裁判所は、アイダホ州の厳格な中絶禁止令は、法廷で訴訟が行われている間、発効が許可されると述べています

アイダホ州の厳格な中絶禁止令は、法律をめぐる法的な異議申し立てが法廷で繰り広げられる一方で、発効が許可されます, アイダホ州最高裁判所は金曜日に判決を下しました.

この判決は、胚または胎児の潜在的な親族が、妊娠6週間後に行われた処置について中絶プロバイダーを訴えることができることを意味します – 多くの人が妊娠していることを知る前に. すべての中絶を犯罪とする別のより厳しい禁止令が今月後半に施行されます.

医師と地域の 計画された親子関係 アフィリエイトは、今年初めに 3 つの中絶禁止法をめぐって州を訴えました, 米国が. 最高裁判所が Roe v を覆す. ウェイド, 6月に行ったこと.

分割判決で, アイダホ州最高裁判所の判事の大多数は、法律が施行される可能性はあるが、訴訟の判決が下されるまでのタイムラインが早まったと述べた. 2 人の裁判官が事件の迅速化に同意した, しかし、法的な論争が完了するまで法律は施行されるべきではないと感じていると述べた.

"今晩, アイダホの人々は、身体の自律性と生殖の自由が奪われたのを見ました,アメリカ計画親子連盟のアレクシス・マギル・ジョンソン会長は、ニュースリリースで次のように述べています。. 「今日の裁判所の判決は恐ろしく残酷です. しかし、これは戦いの終わりではありません, 法廷での最後の日ではありません. 選挙で選ばれた公務員や司法制度によって自分の命が駒として使われるのを見るべきではありません。」

アメリカ. 司法省はまた、ほぼ完全な中絶禁止をめぐってアイダホ州を連邦裁判所に訴えている, 法律の保留を求めた. その場合、連邦判事はまだ判決を下していない.

アイダホ州最高裁判所の判決の下で, すべての中絶をほぼ完全に犯罪化する — しかし、妊娠中絶は妊娠中の人の命を救うために行われたと主張することで、医師が裁判で自分自身を弁護できるようにする — 8月に発効する. 25.

すぐに発効する別の法律では、胚または胎児の潜在的な親戚が中絶プロバイダーを訴えることができます。 $20,000 中絶から4年以内. レイプ犯は法律で訴えられない, しかしレイプ犯’ 家族は訴えることができる.

Planned Parenthood はまた、妊娠 6 週間後に妊娠中絶を行うことを犯罪とする 3 回目の厳格な禁止令をめぐって訴訟を起こしました。. その法律は8月に発効するように書かれた. 19.

博士. ケイトリン・グスタフソンと家族計画グレート・ノースウェスト, ハワイ, アラスカ, インディアナ, ケンタッキー州はそれぞれの法律について 3 件の訴訟を起こした. アイダホ州最高裁判所は、金曜日の判決の一部として、これらの訴訟を 1 つに統合しました。.

Planned Parenthood と医師は、法律の施行を許可することで「取り返しのつかない害」が生じることを証明できませんでした,」 アイダホ州最高裁判所が発見した. 高等裁判所は、原告らが救済に対する「明確な権利」を持っているという十分な証拠も持っていないと述べた。, または、本案で勝訴する可能性が高いこと.

「上訴人がこの裁判所に最終的に行うよう求めているのは、アイダホ州憲法の下で中絶の権利を宣言することです。,」 ロビン・ブロディ判事が多数派のために書いた, リチャード・ビーヴァン首席判事とグレゴリー・モーラー判事が参加.

議論の複雑さは、州内の新たな法的根拠を打ち破る可能性が高い, 大多数が見つかりました. 裁判官は、これは、事件が完全に解決するまで問題を決定すべきではないことを意味すると述べました。このプロセスには数か月以上かかる可能性があります.

"要するに, アイダホ州の法的歴史を考えると, 新たな法的基盤を壊すことなく、Roe が存在しない場合にそのような権利が存在することを単純に推測することはできません。, これは、問題が最終的に本案に提出された後にのみ発生する必要があります,」 裁判所は書いた.

ジョン・ステグナー判事, コリーン・ザーン判事が参加, 部分的な反対意見の中で、何気ない観察者でさえ、米国は. 最高裁の判決がもたらした “重大な動乱’ 社会に.

「わが国の歴史の中で、一度市民に付与された基本的権利が取り消されたことは一度もありません。,ステグナーは書いた. 「約半世紀にわたって, 妊娠中絶を行った、または中絶したアイダホ州の人々は、身体の自律性と健康に対する彼女の権利を行使して妊娠を終わらせる手続きに関与する、女性の認められた連邦の基本的権利によって保護されていました。」

Stegner took issue with the majority’s decision to allow the laws to go into effect, noting that they relied in part on legal interpretations from other states and federal courts.

"簡単に言えば, this case involves the application of Idaho law to a uniquely Idaho question," 彼は言った, and allowing the laws to take effect while that question is decided puts women at risk of being denied a fundamental right.

“The State and the 立法府‘s only argument that irreparable harm will not result is that the Idaho Constitution does not protect the right to an abortion,ステグナーは書いた. “This argument fails because it is premised on a decision we have not yet made.”

During oral arguments in the case last week, an attorney for Planned Parenthood and Gustafson told the high court that the abortion bans’ exceptions for saving a patient’s life are so vague that they are impossible to follow.

“That language gives no indication of how imminent, or substantial, the risk of death must be in order for a provider to feel confident” performing the abortion, said Alan Schoenfeld. “Suppose a patient with pulmonary hypertension has a 30 に 50% risk of dying … is that enough?」

But attorneys representing the state and Legislature told the court that abortion has historically been outlawed in Idaho since statehood, and argued that stopping the laws from taking effect would cause harm to “unborn children.”

Blaine Conzatti, president of the anti-abortion group Idaho Family Policy Center, lauded the decision.

“This is the day that the pro-life movement has worked towards for decades,” Conzatti wrote in a news release, calling it a “great day for preborn babies.”

Rebecca Gibron, the CEO of the regional Planned Parenthood affiliate, said the organization would not stop its efforts.

“The Idaho state legislature has made it abundantly clear that this is the future they want for their constituents, そして今日, the court allowed their vision to become a reality. But his fight is not over,” Gibron said in a news release. “These cases and our fight to ensure that every Idahoan has access to legal, safe abortion care will continue.”