投票」タグアーカイブ

下院選挙でオンライン投票に異議を唱えるクレムリン批評家

下院選挙でオンライン投票に異議を唱えるクレムリン批評家
ロシアの議会選挙でクレムリンに支持された反対派に敗れた政治家と活動家のグループは、ロシアの首都でのオンライン投票の結果に異議を唱えるために連立を結成しました

先週末のロシア議会選挙でクレムリン支持の候補者に敗れた政治家と活動家は、オンライン投票の結果に異議を唱えるために連立を結成しました。 モスクワ 彼らはそれが不正であり、彼らの敗北のせいであると信じています.

野党候補者は大部分が投票用紙から除外されました, そして数少ないものの1つ クレムリン 評論家は州の議席に立候補することを許可された ドゥーマ 野党の政治家マリーナ・リトビノビッチ, 首都のオンライン選挙結果に異議を申し立てる決定を発表しました.

「9月に. 17-19, 私たちの国の何百万もの市民が彼らの票を盗まれました. だから私たちは, さまざまな政治勢力を代表する下院の第8回召集の候補者, オンライン投票を廃止するための委員会を設立しました,リトビノビッチはFacebookに書いた.

月曜日の選挙結果は、クレムリンの統一ロシア党に勝利をもたらしました. 受け取った 49.8% の投票の 225 政党によって割り当てられ、勝った議席 198 から 225 有権者が直接選んだ議員の議席.

野党は結果を非難し、改ざんの証拠としてモスクワの個々のレースの数を指摘しました. それらのレースでは, クレムリンに支持された候補者は、オンライン投票の結果が出るまで負けていました, これはモスクワと他のいくつかの地域でのオプションでした, 月曜日に来ました—そして彼らは突然先を撃ちました.

リトビノビッチ氏は、不成功に終わった候補者の委員会は、モスクワでのオンライン投票の結果を無効にし、将来の選挙でのオンライン投票の使用を廃止しようとしていると述べた。, 不正投票全般に取り組むだけでなく.

委員会は選挙の結果に対する全国的な抗議を組織することを計画している, 結果に異議を唱えるために訴訟を起こし、オンライン投票の使用を禁止する法案を提出する.

連合には、リベラルなヤブロコと 共産党 議会で2番目に大きな政治勢力, 新しい人々へ, 昨年結成され、クレムリンが後援するプロジェクトとして多くの人に認められています.

共産党はモスクワでの投票結果を認めていない, その上級メンバーと連立のリーダーの一人であるヴァレリー・ラシュキンは木曜日に別々に言った.

彼らは皆、モスクワで単一構成員のレースに負けました, ほぼどこ 2 投票所に加えてオンラインで100万票が投じられた. 候補者の多くは、投獄された野党指導者によって設計されたスマート投票戦略によって承認されました アレクセイナワルニー

ナワルニーのチームは、スマート投票による議会での統一ロシアの支配を弱体化させることを望んでいました, クレムリンに支持された候補者を打ち負かす可能性が最も高い候補者を支持した. しかしながら, 当局はプロジェクトを抑制するために大規模な努力をしました, アップルとグーグルに圧力をかけて、ナワルニーの同盟国が設計したアプリをロシアのオンラインストアから削除することを含む.

刑務所から彼の弁護士を通して中継されたソーシャルメディアの投稿で, ナワルニーは、ウラジーミルプチン大統領の「助っ人」になり、「権威主義的な泥棒がインターネットを征服する権利を認めた」として、「全能のビッグテック」を爆破しました。, それを力のグリップを維持する道具に変えます。」

選挙は、プーチンが権力を掌握するための努力の重要な部分として広く見られてきました。 2024 大統領選挙, 下院のどの支配, または議会, キーになります.

スマート投票で承認された候補者は、モスクワの少なくとも半分で先行していました 15 オンライン投票の結果が月曜日の午後に来るまで、単一の構成員のレース.

有権者がオンラインで投票するオプションを持っていた他のいくつかのロシアの地域とは異なり, Moscow election officials didn’t reveal the results of online voting immediately after polls closed on Sunday. The hours-long delay prompted fears the online balloting would be tampered with.

Outrage mounted after the results of online voting upended races in Moscow at the last minute.

In light of the rigging allegations, Alexey Venediktov, head of the Moscow Public Election Monitoring Headquarters and chief editor of the opposition-leaning Ekho Mosvky radio station, ordered a revision of the online voting results from Moscow. Venediktov said Thursday that “no traces of hacking or ballot-stuffing have been detected.”

しかしながら, some Kremlin critics said that graphs and charts published by the Public Election Monitoring Headquarters to back its findings actually indicated incidents of ballot-stuffing.

Navalny’s top strategist, レオニード・ボルコフ, on Thursday urged candidates and parties, whose “victory was stolen,” to fight on.

“The results of unverifiable, fraudulent online voting in Moscow must be completely invalidated. In St. Petersburg and many other regions, votes must be recounted. We support all peaceful protests that will help achieve this,” Volkov said in a video statement posted on YouTube.

“Candidates and parties, whose victory was stolen, must fight on. No one will do it for them. We will support them, and people who voted for them will support them,” Volkov said.

別々に, より多い 500 poll workers and election monitors in Moscow signed an open letter to Venediktov, urging to invalidate the results of online voting in the Russian capital, denouncing it as a “rigging tool.”