10代のエリヨンナイトンがチームUSAの男子200m決勝にスプリント

10代のエリヨンナイトンがチームUSAの男子200m決勝にスプリント
チームUSAの17歳のエリヨンナイトンは火曜日の東京オリンピックで彼の男子200m準決勝に勝ちました, の時間を計時する 20.02.

の17歳のエリヨンナイトン チームUSA 男子200m準決勝で優勝 東京オリンピック 火曜日に, の時間を計時する 20.02.

ナイトンは最後のストレートを疾走しながら、フィールドの残りの部分を繰り返し見ました。, 決勝でティーンエイジャーに加わったのはジャマイカのラシード・ドワイヤーでした。.

2回目の準決勝, ナイトンの同胞であるノア・ライルズは勝利の準備ができているように見えましたが、フィニッシュラインに寄りかかって3位でフィニッシュしました.

カナダのアーロンブラウンが1位を獲得し、リベリアのジョセフファーンブレが2位になりました。, ペアとライルズはすべての時間を記録しています 19.99. など, ライルズは、準決勝で最速のフィニッシャーの1人として、決勝での順位が保証されることはほぼ確実です。.

3回目の準決勝, アンドレ・ドグラス–男子100mの銅メダリスト–が走った 19.73 最初にフィニッシュし、決勝で同胞のブラウンに参加します.

チームGBのアダムジェミリがヒートで負傷した後、決勝で英国の代表はありません.

詳細は次のとおりです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です