旅行の専門家であるサイモン・カルダーが、次の海外旅行に関する質問に答えます

旅行の専門家であるサイモン・カルダーが、次の海外旅行に関する質問に答えます
米国入国のためのジャブ, 英国のEU離脱後のポルトガルへの英国人訪問者のレッドリストと権利の変更

9月下旬にの旅行特派員 独立者 通常、スコットランド西部の彼の蒸留所の利益に参加しているのを見つけることができます. しかしながら, サプライチェーンの問題により、混乱した一連のシングルモルトを評価するという彼の計画が残されました。.

その代わりに、彼は旅行の別のエキサイティングな週から生じる多くの質問に焦点を合わせました.

国の違い

Q: 私は英国に住んでいます, でも私の最寄りの空港の1つはウェールズのカーディフです.

海外からカーディフに飛んだら, 私は誰の旅行規則に従いますか. 英国には4つのルールがあり、搭乗前に何を期待するかを航空会社のスタッフが理解するのはどれほど優れていますか?

同じテーマで – 私の母はウェールズに住んでいます. 私たちが英語の空港に飛ぶと、私の母から何が期待されますか: ウェールズのルールまたは英語のルール?

デビッドG。

A: 一般的なルール: あなたはあなたがあなたの旅を終える英国の国の規則に従います-通常あなたの家. だからもし, 完全に可能と思われるように, ウェールズの政府は、テストルールを現在と同じに保っています, から 4 10月イギリスへ/から旅行するときあなたは奇妙な位置になります.

スペインから飛行機に乗っている他のほとんどの人とは異なり, ギリシャ, 等, したがって、出発前に飛行をテストする必要があります. 空港の誰もがあなたの証明書に興味を持ってくれるとは思いません, しかしウェールズ法 (現在) それが必要です.

現在、ウェールズとイングランドへの到着には「2日目」のPCR検査が義務付けられています。, その部分は簡単です–今のところ.

あなたのお母さんのために, 逆の状況が適用されます. 彼女は英語のルールに従う必要があります-そしてそれを行うことはかなり難しいかもしれません. ウェールズが「飛行試験」要件を維持している場合, 彼女の最終目的地がイギリスである場合、彼女は免除される可能性があります. しかし、すべての飛行試験をチェックするように命じられたアリカンテ空港の職員にそれを説明しようとすると、問題になる可能性があります.

到着後のテストに関して: ウェールズがPCR要件を維持しているが、イングランドがイムノクロマトグラフィーにダウングレードする場合, 安いです, その後、母親はイムノクロマトグラフィーを予約し、それに応じて乗客ロケーターフォームを完成させる必要があります. 記入済みのフォームは、彼女が英国行きの飛行機に搭乗するために必要なすべてです。.

Q: スペインからスコットランドまで車で帰ります, 新しい規則の下で, フランスとイギリス経由. 必要なテストがわかりません. 私たちは二重ワクチン接種を受けています. 最初にイギリスに到着するので, 出発前のテストは必要ないと思います. しかし、私は予約しますか & イギリスで「2日間のテスト」を支払い、スコットランドに戻ったら別のテストを行います?

GJ

A: ウェールズと同じように, からどのようなルールが適用されるかは確かにわかりません 4 10月–イギリスが旅行者の需要を緩和するとき.

しかし、, 大臣が示唆するように, スコットランドは英国に戻る前にテストを主張します, その後、あなたはそれを取る必要があります. いわゆる2日目のテストが1つだけ必要になります, スコットランドでこれを取るべきです.

政府の違い

Q: モルディブが離陸したとき、妻と私は喜んでいました レッドリスト そこに飛ぶ予定なので 27 10月. 私たちが聞いたとき、私たちの喜びは短命でした 海外の事務所 モルディブへの不可欠な旅行以外のすべてに対してアドバイスします. 私たちの保険会社は私たちがカバーされないことを確認しました.

モルディブがFCDO独自のレーベルレッドリストから外れる可能性があるかどうかについて、何か雰囲気を感じていますか?? この不一致と今後の道筋に関する明確さの欠如は、運輸省のレッドリストの決定を待っていたよりもさらに苛立たしいものです。.

ポールO’C

A: 「FCDO独自のレーベルレッドリスト」という言葉が大好きです. 今週、モルディブは運輸省が運営するレッドリストから削除された8か国のうちの1つでした。 (DfT); 水曜日まで、インド洋群島から英国に到着する人は、ホテルの検疫に入る必要がありました。 11 夜.

しかし、別の政府部門, 外務省はまだ主張している: 「「[私たち] Covid-19リスクの現在の評価に基づいて、モルディブ全体への不可欠な旅行以外のすべてに対してアドバイスします。」. DfTが群島をリストから外したばかりなので、これは驚くべきことです。, おそらく, Covid-19リスクの低減に.

外務省は、DfTのさまざまなパラメータを測定することを強調しています. FCDOは、モルディブへの個々の旅行者に対するリスクを懸念しています, そして、「個人には容認できないほど高いリスクがある」と判断します。.

信号機システムは、英国へのインバウンド旅行による英国の公衆衛生に対する全体的なリスクを軽減することを目的としています。.

「私たちは国際情勢を注意深く監視し、アドバイスを常に見直しています。, 英国の人々に対するリスクの最新の評価を反映するように,」外務省は言う.

2人がリスクの認識において異なることは完全に合理的です: テロの危険性はCovid対策とは無関係です. しかし、2つがコロナウイルスリスクの重要な問題に一致していないことはイライラして混乱しています.

とにかく, 外務省の風変わりな以前のパフォーマンスを考えると (Covidの感染率が私たちの感染率をはるかに下回っていたとしても、カナダへの旅行に対して何ヶ月も警告しました。), 旅行の警告がいつ撤回されるかを知ることは困難です.

Q: トゥイを乗せてジャマイカに飛ぶ予定です 21 パートナーの30歳の誕生日の10月. 外務省はそれまでに必須でない旅行に対する警告を変更すると思いますか?

特別な日なので長距離休暇を過ごしたいです. 他にどこが選択肢になるのか?

ケリー・アン

A: トゥイは、旅行のキャンセルについて、今後数週間で決定を下します, 本質的でない旅行に対する外務省のアドバイスが続くように見える場合. 他のカリブ海の島々もたくさんありますが, でも個人的にはもっと近いところを目指します. カナリア諸島は主に満員になります (そして非常に高価です) 半期以上, しかしキプロス, クリティ島またはトルコ南部は需要が少し少ないはずです.

Q: 11月にエジプトのために予約. シャルムエルシェイクは安全だと考えられていますか?

ピート 1969

A: エジプトは水曜日にレッドリストから外されましたが, 外務省は、「Covid-19リスクの現在の評価に基づいて」そこへの旅行に対して依然として警告しています。. 私はあなたが行くまでにそれが変わることを期待しています.

それが起こったとき, シャームは確かに開きます.

レッドリスト操作

Q: 私はジャマイカに旅行する予定です 8 11月 2021 私の新婚旅行のために. ジャマイカはレッドリストに載っていません. しかし、それは外務省の立ち入り禁止リストに載っています. 私にとって唯一の影響です (エントリーPCRと英国の再エントリーの横方向の流れは別として) 適切な保険に加入していることを確認する? また, ジャマイカが追加されることを意味する可能性があると予想されるレッドリストへの別の調整はありますか?

アレックスW

A: 外務省のアドバイスの主な実際的な効果は、通常の旅行保険を無効にすることです. 部門は指摘します: 「FCDOは旅行のアドバイスを強制しません. 安全であるとして海外旅行を保証することはできません, そして、あなたはあなた自身の旅行に対して個人的な責任を負います。」

レッドリストに関して: そのような動きを排除することはできません, しかし、私には非常にありそうもないように見えます. それが起こるとしたら, それは今までにそうしていたでしょう.

Q: 私は11月末にドミニカ共和国に行くように予約されています. 私は今日、そこの休日が今までキャンセルされているのを見ました 21 10月. 前のQで&A, あなたは、DRを「安全に行く」リストに載せるべきだと確信していたので、誰かに神経質になるように言いました。. うまくカットできるようになりつつあり、代わりにドバイを検討しているので、まだこれを支持していますか?.

amst 101

A: ドミニカ共和国は、それをレッドリストに載せる正当性がとらえどころのない多くの国の1つです。. 政府の習慣は: 国が最もリスクの高いリストから外されるべきであるという証拠が圧倒されるまで待つ, とにかくさらに3週間待ちます. 11月下旬までに琥珀色になると確信しています. ですからまだ何もしないでください.

Q: 次の数件のレビューで南米諸国がレッドリストから外れることについてどう思いますか? パラグアイについてのあなたの考えに特に興味があります.

アウト

A: 私はパラグアイが大好きです, しかし、私はまだ感染率を開始していません, 陽性率, 予防接種の状況または存在 (か否か) 懸念される変異株. そうです, でも, 南米のすべての国での全面禁止はまもなく解除され始めます.

Q: 万が一、コロンビアはまもなくレッドリストから外れるでしょう? 私は早い段階でメデジンに来る予定です 2021.

THX

A: そうだといい, しかし、私はあなたが意味すると思います 2022. またね. メデジンは、コロンビアの魅力的なエリアにある素晴らしい街です。, カリブ海の海岸と簡単に組み合わせることができます.

Q: 政府は南米を1つとして扱うのをやめ、代わりにウルグアイのように症例数が非常に少なく、ワクチン接種率が非常に高い国を10月に削除し始めると思いますか。 7? ウルグアイは、グリーンリストに載っているほとんどの国よりも良い状態にあります! ありがとうございました!

マシュー 232

A: 述べたように, 一般的なルールは: そのような証拠の山があり、レッドリストの国を取るように圧力がかかるまで待ちます, そしてみんなをあと3週間待たせます.

などまたはその周辺 7 10月私は南アフリカといくつかの南アメリカの国々が肥大化したほとんど無意味な赤いリストから外れるのを見ることを期待しています.

ジャブの旅

Q: 私の妻と私は両方ともアストラゼネカワクチンで二重にジャブされました. 残念ながら、最初のジャブはバッチの1つでした (4120Z001) 現在、一部のEU諸国では受け入れられていません.

We have a holiday booked to Orlando in December 2021 and are naturally now optimistic we will be able to go following the announcement on Monday but we are concerned that the US may not accept us due to this.

Any advice you can give on who we should speak to going forward would be greatly appreciated.

Andrew W

A: As the proud owner of an Indian-made AstraZeneca jab I’m really interested to know in which EU countries it “is currently not accepted”? I am unaware of any. The World Health Organisation approves AstraZeneca made anywhere, and the US follows what the WHO recognises.

The Centers for Disease Control (CDC, the health regulator in the US) says explicitly that its guidance on what constitutes being fully vaccinated applies to Oxford AstraZeneca, wherever it was manufactured. Of course that may change, but I really don’t expect it to do so.

American adventures

Q: そう, the US is opening the border “from November”. Is it safe to book flights from 1st November? そうでない場合 – any idea when we’ll get sufficient clarification to do so?

Chrissie D

A: Please don’t book anything until dates and conditions are known.

Unwanted Brits

Q: When will Bulgaria allow fully vaccinated UK tourists to travel? They are on our green list, we are on their red list. Ski holiday booked for Christmas.

Sibisogno

A: Bulgaria is a great place for skiing. Prices are low (rather like the mountains, それは言わなければならない), there’s good food and drink and reasonable light and weather even in midwinter.

As with many parts of the world, Bulgaria has put up barriers to British visitors based on the extremely high Covid infection rates in the UK. However that will probably change between now and December, and I hereby award you an 80 per cent chance of being able to go.

Post-Brexit long stays in Europe

Q: I was stranded in the Algarve from 12 10月 2020 に 22 五月 2021. この, as I understand it, would have no impact on the new 90/180 day rule which started on 1 1月 2021. I am now planning my winter trip to the Algarve and wish to ensure that I am not refused entry at the border. Is this correct?

In addition as I wish to spend the majority of winter in Portugal. Is there any way I can overcome the 90/180 day rule for example by means of a visa?

“Stranded”

A: What a wonderful place in which to be stranded – although I don’t recall Portugal being completely disconnected from the UK for seven months.

As you observe, since Brexit our previous freedom to stay as long as we wished in any of the 27 other EU countries has ended. Instead there is a rolling measure, known as the 90/180 day rule, that has two particular impacts: the maximum time you can spend in the Schengen Area (most of the EU plus some hangers-on) in a calendar year is six months; and you cannot spend more than three months in a row in the zone.

Because you were there before the Brexit transition phase ended, I think you had probably got away with a stay of around 145 days in the EU. I wouldn’t fret about being refused entry at the border.

For a longer stay, most of our favourite southern destinations have reasonably accessible visa schemes, though getting through all the red tape and paying for something that used to come free with EU membership is annoying.

Flightmares

Q: I had flights with Air Arabia last year to travel to Marrakesh – originally in June and rearranged for September 2020.

However due to the pandemic both these flights were cancelled by the airline. The airline are refusing to refund as the cancellations were classed as a “force majeure”.

However the credit we were given instead is only valid till December 21 and the airline are no longer operating a Gatwick-Marrakesh flight. So even if we felt ready to travel we couldn’t rebook. Do we have any option to force a refund?

サム 2108

A: How infuriating. Under European air passengers’ rights rules, which apply also to UK-Morocco flights, you were fully entitled to a refund.

You can try your card provider, but given the time elapsed since the original flights any rights will have evaporated.

So your only other option: legal action, though this will be trickier if Air Arabia has left the UK.

Immune response

Q: Any hope that England will eventually recognise natural immunity from having recovered from Covid plus one jab as being fully vaccinated, like European countries do?

Elizabeth N

A: 最終的には, of course – just as the UK will accept, one day, that vaccines administered in Brazil or South Africa or Hong Kong give the same protection as British jabs. But I just don’t know when sanity will prevail.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です