英国のフライト減税は、英国のEU離脱が良かったことを証明するために首相が「電話を切った」ことを示しています, 顧問の主張

英国のフライト減税は、英国のEU離脱が良かったことを証明するために首相が「電話を切った」ことを示しています, 顧問の主張
「それはおそらく正しいことではありませんでした,」と保守的な貴族のデベン卿は言います

リシ・スナック‘s cut to tax on internal UK flights in Wednesday’s Budget was an example of the government trying to prove Brexi was a good idea, a top climate adviser has claimed.

The big-spending chancellor, in whose largesse many observers detected the hand of his boss, ボリス・ジョンソン, cut air passenger duty for domestic flights and offset that by hiking charges on long-haul international trips.

He was swiftly accused of undermining Britain’s climate credentials ahead of Cop26, with Friends of the Earth branding his decisionretrograde”.

日曜日に政府の諮問気候変動委員会の長, デベン卿, 税は欧州連合を前向きに去るという英国の決定を投げかけるために計算されたと主張した.

彼は日曜日にスカイのトレバーフィリップスに語った: 「私は、欧州連合を去ることが良い考えであったことを証明しようとして政府がハングアップしているのではないかと心配しています。.

「そしてそれは非常に難しい. したがって、それができることの1つは、ヨーロッパ全体ではなく、内部で税金を削減することです。. そう, 彼はそれをすることにしました.

"実際, 違いはありません. 専門性の問題として, なぜなら、気候変動の下での国内便の会計処理方法は、炭素でより多く支払う必要があることを意味するからです。」

The Conservative peer added: "そう, it’s not carbon tax. そう, 実際に, it’s not going to make all that difference. But it was perhaps not the right thing to do. I think it’s less important than remembering that they have increased the cost of long-haul flights.

“And remembering also that the biggest mistake that was made was to cut our overseas aid to 0.5 から 0.7, which doesn’t give people confidence that we are going to help people in the way we’ve promised to do. それか, 私のために, was a really deeply immoral and unacceptable act.”

Lord Deben was speaking on the opening day of Cop26, the UN climate summit being hosted in Glasgow. Earlier on Sunday he had described the two-week convention as “the one chance we have to save the world”.

PAメディアによる追加の報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です